専門分野は考古学ですが
これまでの歴史の専門分野のジャンルを超え
遺跡を中心として
建築物(寺・神社・城・館・)地名文献日記・物語・紀行文などなどいわゆる史料以外も)や石造物民俗伝承など
ありったけの歴史要素を
仮想空間上で一緒くたにして
(そのためにしっかり現地を歩いて
断片的ではない、臨場感あふれる人々の姿をよみがえらせようと思います。
さらに
そこから学ぶことのできるさまざまなこと
活用できるさまざまなことを
積極的に現代社会に還元する方法も開発しようと思います。

キーワードは数量化・デジタル化とGIS

1、推薦図書

2、考古学関係情報(考古学の授業で公開していたページの一部です)

3、遺跡情報取得技術関係情報(考古学実習の授業で公開していたページの一部です)

4、日本中世史関係情報(日本史の授業で公開していたページの一部です)

5、京田辺キャンパス内の新宗谷中世館の発掘調査について
歴史文化情報研究室のとても簡単なメニュー
またの名を(仮想時空間クリエイターラボ)