遺跡が語る京都の歴史 参考図書
★京都の歴史を学ぶ基本文献

京都市 1970『京都の歴史』(平安の新京)學藝書林
京都市 1971『京都の歴史』(中世の明暗)學藝書林
京都市 1969『京都の歴史』(桃山の開花)學藝書林
京都市 1968『京都の歴史』(近世の胎動)學藝書林
森浩一 1999『平安京の不思議』PHP出版
森浩一 2004『京都学ことはじめ 』編集グループ<SURE>
森浩一 2007『京都の歴史を足元からさぐる 』学生社
足利健亮編 1994『京都歴史アトラス』中央公論社
朝日新聞社 1994『洛中洛外 京は花の都か』(朝日百科日本の歴史別冊 歴史を読みなおす12)

★平安京前夜

横山卓雄 1988『平安遷都と鴨川つけかえ』法政出版
井上満郎 1991『京都 よみがえる古代』ミネルヴァ書房
岸 俊男 1993『日本の古代宮都』岩波書店
坪井清足編 1987『古代を考える 宮都発掘』吉川弘文館
巨椋池土地改良区1962『巨椋池干拓誌』

★平安時代

西山良平 2004『都市平安京』京都大学学術出版会
笹山晴生編 1991『古代を考える 平安の都』吉川弘文館
岸 俊男編 1987『都城の生態』(日本の古代9)中央公論社
村井康彦 1995『よみがえる平安京』淡交社
吉川真司編 2002『平安京』(日本の時代史5)吉川弘文館
西山良平・藤田勝也 2007『平安京のすまい』京都大学学術出版会

★院政期〜鎌倉時代

高橋昌明編 2006『院政期の内裏・大内裏と院御所』文理閣
元木泰雄編 2002『院政の展開と内乱』(日本の時代史7)吉川弘文館
秋山國三・仲村研 1975『京都「町」の研究』法政大学出版局
大村拓生 2006『中世京都首都論』吉川弘文館
五味文彦 1993「院政と天皇」『岩波講座 日本通史』(第7巻)
鋤柄俊夫 2003「中世倭国大乱」『考古学に歴史を読む』同志社大学歴史資料館
鋤柄俊夫 2001「京の鋳物師」『都市と職能民』新人物往来社
鋤柄俊夫 2005「京の”鎌倉”−薬研堀・石鍋そして持明院−」『交流・物流・越境』新人物往来社
西園寺公経という人物


★室町時代〜安土桃山時代

ドキュメント応仁の乱
日本史研究会 2001『豊臣秀吉と京都』文理閣
今谷 明 1988『京都・一五四七』平凡社
足利健亮 1984『中近世都市の歴史地理』地人書房
高橋康夫 1983『京都中世都市史研究』思文閣史学叢書
水藤 真 1999『歴博甲本 洛中洛外図を読む』(歴博ブックレット11)
小澤弘・川嶋将生 1994『図説 上杉本洛中洛外図屏風を見る』河出書房新社
黒田紘一郎 1996『中世都市京都の研究』校倉書房
瀬田勝哉 1994『洛中洛外の群像』平凡社
鋤柄俊夫 2004「高橋康夫報告へのコメント(室町殿と上京について)」『政権都市』新人物往来社
鋤柄俊夫 2003「北の「城」と南の「城」」『遺跡と景観』高志書院

★地域学

後藤靖・田端泰子編 1992『洛東探訪』淡交社
聖母女学院短期大学 1999『伏見学ことはじめ』思文閣出版
聖母女学院短期大学 2003『伏見の歴史と文化』清文堂

★その他

山田邦和 1993『京都』保育社
堀内明博 1995『ミヤコを掘る』淡交社