同志社大学今出川キャンパス遺跡情報公開システムについて
20050106:このシステムの開発にかかる発掘調査の方法を紹介します。
20041212:さっそくアドバイスをいただきました。
 「資料名フィールドを含めて一体何が検索できるのかわかりにくい。検索項目のできるだけの情報がほしい」
 ありがとうございました。データの充実は年度末になりますが、年内には、利用案内を作成したいと思います。

20041208:公開3日目でサーバがダウンしました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
20041208:このシステムは、本学今出川校地の遺跡情報をできるだけ多く、できるだけニュートラルに、できるだけ実際に近く、これらの遺跡に関心のある全ての人々に提供することを目的に開発しました。
20041208:このシステムのイメージは、従来の紙報告書が原型となっています。このシステムは、従来の紙報告書が担ってきた役割を果たすことを目指しています。
この頁では、システムの進化を促すべく標記システムについての、目的・内容・できること・できないこと・相談事など、さまざまなことについて記していきたいとおもいます。