一方、同志社大学京田辺キャンパスの所在する普賢寺丘陵の南斜面には、室町時代に活躍した国人層のものと思われる館跡が多く知られており、現在キャンパス内に残されている新宗谷館跡もそのひとつと思われます。
 現在残されている絵図をみると、普賢寺谷の風景は室町時代の城下町を代表する福井県の一乗谷朝倉氏遺跡と非常に似ており、したがって新宗谷館を含むこの谷一帯には、南山城を代表する中世の小都市が広がっていた可能性があります。
 そこではこれまでほとんど知られることの無かった、中世の本当の民衆の姿がみられたはずです。
 普賢寺谷とそこに展開する館遺跡の調査は、その意味で中世史と中世考古学にとって非常に大きな意味をもっているのです。
調査の目的2