上の表は、京都市内を調査して、30の遺構を掘ったときに、その遺構から出土する陶磁器の数を種類毎に示したもの。下のグラフは擂り鉢についてのその変化量