中世集落遺跡と村落研究の参考文献

清水三男 1942 「荘園と中世村落の関係」『日本中世の村落』日本評論社 
寶月圭吾 1950 『中世潅漑史の研究』目黒書店
板倉勝高 1952 「尾張国富田庄を例とせる日本庄園の村落構造」『東北地理』5ー1東北地理学会
高重 進 1954 「弘福寺領山田郡田図の集落とその比定」『史学研究』55広島史学研究会
石母田正 1958 「辺境の長者」『歴史評論』92・95・96
伊藤鄭爾 1958 『中世住居史』東京大学出版会(1991)
島田次郎他 1961「中世村落をめぐってー大会討議ー」『地方史研究』49
島田次郎 1961 「中世村落の耕地と集落」『地方史研究』49(榎坂郷・垂水荘は神崎川の自然堤防上または扇状地の扇側部)
高島緑雄 1961 「中世における香取社領の村落」『地方史研究』49(香取社領の村落は台地の縁辺)
黒田俊雄 1962 「鎌倉時代の荘園の勤農と農民層の構成(上)」『歴史学研究』261
黒田俊雄 1962 「鎌倉時代の荘園の勤農と農民層の構成(下)」『歴史学研究』262
島田次郎 1963 「荘園村落の展開」『岩波講座 日本歴史』6 
福島雅蔵 1967 「狭山池」『狭山町史』第1巻 
渡辺澄夫 1970 「環濠集落の形成と郷村制との関係」『増訂 畿内庄園の基礎構造』下 吉川弘文館 
渡辺澄夫 1970 「結論 畿内庄園の基礎構造」『増訂 畿内庄園の基礎構造』下 吉川弘文館
上島 有 1970 「庄園村落と潅漑用水」『京郊庄園村落の研究』塙書房
上島 有 1970 「庄民の構成」『京郊庄園村落の研究』塙書房
水野時二 1971 『条里制の歴史地理学的研究』大明堂
金田章裕 1971 「奈良・平安期の村落形態について」『史林』第54巻第3号
高重 進 1972 「古代中世の潅漑と空海の満濃池修築」『地理科学の諸問題』船越謙策教授退官記念事業会
水田義一 1972 「台地上に位置する庄園村落の歴史地理学的考察」『史林』第55巻第2号
橋本久和 1974 「中世村落の考古学的研究」『大阪文化誌』1巻2号
関口恒雄 1975 「中世前期の民衆と村落」『岩波講座 日本歴史』5
高重 進 1975 「中世的村の形成」『古代・中世の耕地と村落』大明堂
嶋田 曉 1976 「美原町の川と道」『美原の歴史』第2号
原口正三 1977 「古代・中世の集落」『考古学研究』92
奥野隆史 1977 『計量地理学の基礎』大明堂
奥野義雄 1977 「中世集落と住居形態の前提をめぐって」『大阪文化誌』2巻3号 
金田章裕 1978 「平安期の大和盆地における条里地割内部の土地利用」『史林』第61巻第3号
直木孝次郎 1978「茅渟の道について」『美原の歴史』第3号
石神 怡 1979 「各地の古代末から中世に至る遺跡について」『和気』和気遺跡調査会
宮川 満 1979 「地頭および土豪層の動向と悪党」『大阪府史』第3巻
浅香年木 1980 「中世の技術と手工業者の組織(二荘・郷居住手工業者と給免田)」『岩波講座 日本歴史』6
山口県教育委員会 1980 『下右田遺跡第4次調査概報・総括』
坪之内徹 1981 「中世における墳墓と葬制(5)」『摂河泉文化資料』6ー5 
橋本久和 1981 「大阪府における中国陶磁器の出土状況」『貿易陶磁研究』bP
服部英雄 1983 「小地名による中世の村の復原」『歴史公論』86 雄山閣(耕作地地名による開発の復原)
吉田敏弘 1983 「中世村落の構造とその変容過程」『史林』第66巻第3号(入来院は台地から台地縁辺部が中世、段丘平野部が近世)
吉岡康暢編 1983『東大寺領横江庄遺跡』松任市教育委員会・石川考古学研究会
宮下健司 1984 「村落の空間構造と世界観」『信濃』第409号
小島道裕 1984 「戦国期城下町の構造」『日本史研究』257
山中敏史 1984 「遺跡からみた郡衙の構造」『日本古代の都城と国家』塙書房
河音能平 1984 「畿内在地領主の長者職について」『中世封建社会の首都と農村』東京大学出版会
河音能平 1984 「丹波国田能庄の百姓とその「縁共」について」『中世封建社会の首都と農村』東京大学出版会
須田 勉 1985 「平安初期における村落内寺院の存在形態」『古代探叢』U
金田章裕 1985 「集村化現象の進展」『条里と村落の歴史地理学的研究』大明堂
金田章裕 1985 「条里プラン」『条里と村落の歴史地理学的研究』大明堂
金田章裕 1985 「中世の村落」『村落と開発 講座考古地理学』第4巻学生社
水野章二 1985 「中世村落と領域構成」『日本史研究』271
真野和夫 1985 「田染荘の調査」『考古学ジャーナル』241 
坂井秀也 1985 「頚城平野古代・中世開発史の1考察」『新潟史学』第18号
永原慶二 1985 「中世の社会構成と封建制」『講座 日本歴史』4東京大学出版会
上村喜久子 1985 「絵図にみる富田荘の開発と形成」『名古屋短期大学紀要』24
佐久間貴士 1985 「中世の開発と集落」『歴史科学』99・100合併号 
佐久間貴士 1985 「畿内の中世村落と屋敷地」『ヒストリア』第109号
鋤柄俊夫 1986 「長野県の中世集落遺跡について」『長野県考古学会誌』50
藤田裕嗣 1986 「流通システムからみた中世農村における市場の機能」『人文地理』第4号 
広瀬和雄 1986 「中世への胎動」『岩波講座 日本考古学』6
中井 均 1987 「中世城館の発生と展開」『物質文化』48
小山靖憲 1987 「日本中世村落史の課題と方法」『中世村落と荘園絵図』東京大学出版会
小山靖憲 1987 「初期中世村落の構造と役割」『中世村落と荘園絵図』東京大学出版会
原田信男 1988 「中世の村落景観」『村落景観の史的研究』八木書店 
木村 礎 1988 「展望」『村落景観の史的研究』八木書店
宇野隆夫 1988 「越中の国府・荘家・村落」『高井悌三郎先生喜寿記念論集 歴史と考古学』 
浜谷正人 1988 『日本村落の社会地理』のなかで村落の統合などによる「ムラの空間類型的変化」を説明 
広瀬和雄 1988 「中世村落の形成と展開」『物質文化』50
橋口定志 1988 「中世方形館を巡る諸問題」『歴史評論』454 
太田三喜 1988 「中世末期における居館の様相」『天理大学学報』第157輯
岩波書店 1988 「宇津保物語1 吹上」『日本古典文学大系』10(神南備の種松の屋敷)
仲川 靖 1988 「近江八幡市久郷屋敷跡の掘立柱建物群について」『滋賀考古学論叢』第4集
高松市教育委員会 1988〜 弘福寺領讃岐国山田郡田図比定地域の一連の調査
「特集 荘園遺構と歴史的景観」 1988 『日本史研究』310
藤本利治 1989 「中世城館分析にみる地域性」『歴史時代の集落と交通路』地人書房
飯村 均 1989 「陸奥南部における中世村落の様相」『奥田直栄先生追悼集』 
吉岡康暢 1989 「北東日本海域における中世陶磁の流通」『国立歴史民俗博物館研究報告』第19集 
水藤 真 1989 「村や町を囲むこと」『国立歴史民俗博物館研究報告』第19集
黒田日出夫 1989 「荘園絵図の史料学」『荘園の成立と領有』(講座 日本荘園史1)吉川弘文館
服部昌之 1990 「第2章第3節 条里と交通路」『大阪府史』第2巻
山本直人 1990 「加賀能登における中世集落遺跡の農業経済基盤」『石川考古学研究会会誌』第33号
橋口定志 1990 「中世東国の居館とその周辺」『日本史研究』330号
千田嘉博 1990 「尾張国における織豊期城下町網の構造」『中世城郭研究論集』新人物往来社
千田嘉博 1990 「戦国期城郭・城下町の構造と地域性」『ヒストリア』129
葛野泰樹 1990 「近江の中世集落について」『日本歴史』10月号
矢田俊文 1990 「中世後期越後国の集落に関する二つの課題」『かみくひむし』第80号かみくひむしの会
池上裕子 1990 「市場・宿場・町」『日本村落史講座』第2巻 景観1 雄山閣出版
上村喜久子 1990 「尾張国」『講座日本荘園史』5 吉川弘文館
田中 稔ほか 1990 「中世荘園遺構の調査ならびに記録保存法ー備後国太田荘ー」『国立歴史民俗博物館研究報告』第28集 
矢田俊文 1991 「中世越後における集落の移動に関する一考察」『新潟史学』第26号
坂井秀弥 1991 「絵図に見る城館と町」『中世の城と考古学』新人物往来社
前川 要 1991 「中世集落の動向と流通機構の再編」『中世の城と考古学』新人物往来社
竹本豊重 1991 「地頭と中世村落ー備中国新見荘ー」『中世の村落と現代』吉川弘文館
石尾和仁 1991 「中世村落の変容と周溝屋敷地」『徳島県埋蔵文化財センター年報』Vol.2
千田嘉博 1991 「村の城館をめぐる5つのモデル」『年報中世史研究』第16号
中井 均 1991 「中世の居館・寺そして村落」『中世の城と考古学』新人物往来社
松山 宏 1991 「中世都市研究の諸問題」『国史学』143
石井 進編 1991 『中世の村落と現代』吉川弘文館
八巻与志夫 1991 「中世市場集落について」『日本歴史』519
佐賀県教育委員会 1991 『本村遺跡』
山形県遊佐町教育委員会 1991 『大楯遺跡第3・4次発掘調査報告書』
松山 宏 1992「中世都市の条件について」『奈良史学』10
伊藤裕久 1992 『中世集落の空間構造』生活史研究所
海老澤衷 1992 「回顧と展望」『史学雑誌』第101編5号
石井 進編 1992 『中世の村と流通』吉川弘文館
野洲町立歴史民俗資料館 1992 『中世集落を掘る』
五味文彦 1993 「『一遍聖絵』の都市の風景」『都市と商人・芸能民』山川出版社 
森 格也 1993 「瀬戸内地方の中世集落の展開」『財団法人香川県埋蔵文化財調査センター 研究紀要』T 
本堂寿一 1993 「岩手県における中世城館の調査成果と課題」『北上市立博物館研究報告』第9号 
松田直則 1993 「中世江ノ村の復元」『中村・宿毛道路関連遺跡発掘調査報告書』T(財)高知県埋蔵文化財センター
石尾和仁 1993 「中世低地集落の形成と展開」『ヒストリア』第138号
島田次郎 1993 「中世」『日本村落史講座』第9巻 特論 雄山閣出版
笹生衛ほか 1993 『研究連絡誌』第37号(特集「小櫃川流域の中世遺跡」)(財)千葉県文化財センター
北陸中世土器研究会 1993 『中世北陸の家・屋敷・暮らしぶり』(第6回北陸中世土器研究会)
川井啓介 1994 『室遺跡』愛知県埋蔵文化財センター
飯村 均 1994 「中世の「宿」「市」「津」」『中世都市研究』第3号
鋤柄俊夫 1994 「都市城郭研究の最新情報 近畿」『都市空間』 新人物往来社
柴田龍司 1994 「村落型城郭から都市型城郭へ」『千葉城郭研究』第3号
伊藤裕偉 1994 「中世後期木造の動向と構造」『Miehistory』Vol.7
宮瀧交二 1994 「中世「鎌倉街道」の村と職人」『中世の風景を読む』2(都市鎌倉と坂東の海に暮らす)新人物往来社 
佐久間貴士 1994 「発掘された中世の村と町」『日本通史』中世3(岩波講座 日本通史 第9巻』
仙台市教育委員会 1994 『中田南遺跡』
埼玉県埋蔵文化財事業団 1994  『金井遺跡B区』
室野秀文 1995 「厨川の中世初期居館」『岩手考古学』7号
坂井秀弥 1995 「越後の道・町・村」『中世の風景を読む』第4巻(日本海交通の展開)新人物往来社
山川 均 1995 「条里制と村落」『歴史評論』538
山川 均 1995 「書評 宮本誠著『奈良盆地の水土史』」『古代学研究』131
荒川正夫 1995 『大久保山』V 早稲田大学
岡陽一郎 1995 「中世居館再考」『中世の空間を読む』吉川弘文館
石井 進編 1995 『中世のムラ』東京大学出版会
都城市教育委員会 1995 『丸谷地区遺跡群・上大五郎遺跡』
A.M.スノッドグラス/J.L.ビントリッフ・豊田和二訳 1995 「田園考古学」『考古学の新展開』(別冊日経サイエンス)
斉藤 弘・進藤敏雄 1995 「北関東における中世集落遺跡について」『研究紀要』第3号(財)栃木県文化振興事業団埋蔵文化財センター
蔵持重裕 1996 『日本中世村落社会史の研究』校倉書房
前川 要 1997 「中世環濠集落と惣構え」『日本史研究』420
市川秀之 1997 「山間盆地村落の空間構成」『日本民俗学』212
「特集 村落と景観」 1997 『信濃』第49巻第3号
菅野崇之 1998 「福島県勝口前畑遺跡」『館研究』1岩手の館研究会
宮下貴浩 1998 『持躰松遺跡第1次調査』金峰町教育委員会
「特集 室町・戦国時代の多摩」 1998 『多摩のあゆみ』たましん地域文化財団
金峰町  1999 『万之瀬川から見える日本・東アジアー阿多忠景と海の道ー』
柳原敏昭 1999 「中世前期南九州の港と宋人居留地に関する一試論」『日本史研究』448
水澤幸一 1999 「中世越後の城館」『中世の越後と佐渡』高志書院
坂井秀弥 1999 「中世越後の村・家・住まい」『中世の越後と佐渡』高志書院
山本幸俊 1999 「中世末・近世初頭の越後の村」『中世の越後と佐渡』高志書院
品田高志 1999 「中世越後の民衆と多界観」『中世の越後と佐渡』高志書院
青山宏夫 1999 「絵図が語る奥山荘の景観」『中世の越後と佐渡』高志書院
飯村 均 1999 「遺跡のかたち、都市のかたち」『都市研究の方法』(中世都市研究6)
原田信男 1999 『中世村落の景観と生活』思文閣出版
「特集 中世水運と物流」 1999 『日本史研究』448
フェルナン・ブローデル 浜名優美訳 1999 『地中海』藤原書店
石井 進 2000 『中世の村を歩く』朝日選書648
小野木学 2000 『顔戸南遺跡』岐阜県文化財保護センター
伊藤裕偉 2000 「中世安濃津の交通路と物流」『織豊期の政治構造』吉川弘文館
川井啓介 2000 「三河地域の中世集落」『研究紀要』1愛知県埋蔵文化財センター
上村喜久子 2000 「「尾張國富田庄絵図」の主題をめぐって」『愛知県史研究』第5号
信濃史学会編 2000 『信濃中世の館跡』信毎書籍出版センター
草津市教育委員会 2000 『野路岡田遺跡現地説明会資料』
名古屋市教育委員会 2000 『千音寺遺跡』(埋蔵文化財調査報告書35)
伊藤裕偉 2001 「中世前期の「屋敷」と地域開発」『ふびと』53
一木 享 2001 「福岡平野における中世前期の屋敷地」『博多研究会誌』9
山村信榮 2001 「守護武藤少弐の館」『博多研究会誌』9


J.L.Bintliff・A.M.Snodgrass The Cambridge/Bradford Boeotian Expedition:theFirst Four Years Journal of Field Archaeology/Vol.12,1985
J.L.Bintliff・A.M.Snodgrass Surveying Ancient Cities SCIENTING AMERICAN MARCH 1991
J.L.Bintliff・A.M.Snodgrass Off-Site Pottery Distribution A Regional and Interregional Perspective

鋤柄俊夫 1993 「中世丹南における職能民の集落遺跡」『国立歴史民俗博物館研究報告』48
鋤柄俊夫 1996 「中世畿内の村落遺跡」『月刊 文化財』398
鋤柄俊夫 1997 「土製煮炊具にみる中世食文化の特質」『国立歴史民俗博物館研究報告』71
鋤柄俊夫 1997 「中世地域社会における村落の考古学的研究」『帝京大学山梨文化財研究所報告』8
鋤柄俊夫 1999 「狭山池と中世村落の変容」『狭山池』論考編 狭山池調査事務所
鋤柄俊夫 1999 『中世村落と地域性の考古学的研究』大巧社


豊臣・徳川両氏の大坂城検出遺構とそれをめぐる若干の考察
寺内町大坂とその地理的環境
中世末期における居館の様相
戦国期東国の都市と権力
京都の近世都市化
古代・中世社会と物質文化
尾張国における織豊期城下町網の構造
中世城下町の研究
戦国大名武田氏の市・町政策
中世の豊前香春・香春岳城
近世都市の経済・地理的特性
中世から近世都市へ
近世貨幣流通の実態と計算例
中世集落の考古学
藤橋東遺跡群
物質文化 四五
物質文化 四四
中世集落を掘る
国立歴史民俗博物館研究報告題8集 織豊期の都市法と都市遺構 都市史のなかの中世寺内町