番号 東経 北緯 次数 面積 箱数 8世紀以前 9・10世紀 11・12世紀 13・14世紀 15・16世紀 その他
1 測量調査
2 135.749601 34.954014 2 推定田中殿
3 135.743866 34.949302 3 推定汀(東が池) 推定南殿
4 135.743884 34.948473 4 石敷き汀?(2×30m)、瓦 推定南殿
5 135.743719 34.948134 5 180 西建物(3間4面東庇17.6×11.55)、推定御堂(3×7間25.9×14.67) 推定南殿(小寝殿と御堂)
6 135.743412 34.948069 6 700 SB1(5間4面北と東に孫庇(19.65×13.41m)、廊SC1(東西3間、南北5間以上梁間1)、SD1・2、大溝SD3(6×1.2)、石敷1(6m)、池1・2、土坑1 推定南殿(寝殿)
7 135.753577 34.953331 7 江戸時代の安楽寿院本御塔跡
8 135.754171 34.952822 8 230 軒瓦15 池汀線?
9 135.752187 34.950984 9 2100 緑釉陶器 石積地業、瓦(愛知県社山窯、東海)
10.1 135.753583 34.951439 10 石積地業(10列、9mの間隔をおいて3m幅)、景石、瓦
10.2 135.752475 34.951004
11 135.753779 34.950974 11 1200 庭園汀 漆器碗、下駄、木製五輪塔(池跡から)
12 135.752192 34.952777 12
13 135.750091 34.949437 13
14 135.75011 34.95404 14 1300 須恵器 SB141(東西2列の石列と石敷き6.9×)、SB142(基礎地業9.6×23以上)、焼灰・瓦・土師器・磁器・12世紀瓦器碗、SB143(地鎮土師器壺、3m方形の礫敷きが6カ所)、SB144(基壇)、SB145(3m方形の基礎地業の組み合わせ)、褐釉四耳壺、白磁碗、軒瓦45
15 135.754165 34.952452 15
16 135.755109 34.951898 16
17.1 135.746047 34.949097 17
17.2 135.74609 34.948513
18.1 135.750896 34.954085 18
18.2 135.751212 34.954453
18.3 135.750849 34.95357
19 135.754208 34.953925 19
20 135.752493 34.952787 20 東西にはしる大溝(SD2101)
21.1 135.752022 34.952098 21
21.2 135.752022 34.952637
21.3 135.752223 34.953441
22 135.753173 34.953596 22
23.1 135.750957 34.953511 23
23.2 135.751117 34.953168
24 135.751087 34.952647 24
25 135.753209 34.95398 25
26 135.753344 34.953755 26 池か低湿地 池か低湿地 柿経、人形
27.1 135.752364 34.954838 27
27.2 135.751641 34.954623
28 135.748327 34.953261 28
29 135.754325 34.954279 29 160 74 柱穴100個、池状遺構(石敷き) 瓦積井戸
30 135.750471 34.954468 30 100 27 弥生土器、須恵器 緑釉陶器 地業(大量の瓦、焼け土、
31 135.75256 34.952897 31 240 39 南北大溝SD3103(5×1)SD3104(6×1)、漆器、曲げ物、箸、下駄、土器、陶器 南北大溝SD3103(5×1)SD3104(6×1)、漆器、曲げ物、箸、下駄、土器、陶器。SD1201の東西溝とあわせて囲まれる区画?、埋没時期は桃山
32 135.755023 34.952113 32 SD3202(7×1.8) SD3202(7×1.8) 近衛陵東濠?
33 135.753448 34.953521 33 50 土師器・瓦器・陶磁器・瓦 SD3302(幅4m)
34 135.751812 34.954199 34 南北溝(2×0.5、瓦器碗・瓶子、漆器碗、折敷、箸) 南北溝(2×0.5、瓦器碗・瓶子、漆器碗、折敷、箸)
35.1 135.752223 34.953705 35 SD3511(幅5〜6m、深さ1〜1.5m、平安時代末期の遺物が底部) 戦国の館か南北朝の動乱か
35.2 135.751916 34.954538
35.3 135.752334 34.95059
36 135.755777 34.954055 36 15
37 135.747021 34.950715 37 須恵器 緑釉陶器数十点。奈良時代〜平安中期の瓦 庭園(景石?、土師器) SX01(古瀬戸花瓶)
38 135.746856 34.951314 38 36 南へ下がる汀? 柿経、五輪塔婆、懸仏
39 135.747089 34.952477 39 100 竪穴住居 9世紀土師器、南北と東西の溝(0.3×0.2、間隔は1.5mで黒色土器)緑釉陶器 築地SA01、南北溝SD01(路面、1.2〜1.4×0.3、瓦器、土師器、瓦)
40 135.754637 34.951099 40 126 12 SK03・04(墓、ロクロ土師器)、焼灰層、SB01(3×2間)、SD01(0.3×0.15、土師器皿10)
41 135.753148 34.951773 41 15 1 礫敷き、汀線
42 135.752959 34.950785 42 礫敷き、汀線(土師器、瓦器碗)
43 135.746709 34.952492 43 450 須恵器 軒瓦16、SB01、石組み雨落ち溝SD01(8.5×8.7)、石垣、池、橋脚(4×1間)、掘込地業土壇(南北15m)、緑釉陶器、軒瓦16 金剛心院関係か
44 135.754288 34.951629 44 280 洲浜状石組みSX01・SX02、石列SX03、集石SX04、 東西方向の溝、瓦器釜、人形、下駄、箸、柿経、五輪塔婆、瓦器、山茶碗
45 135.746599 34.951853 45 1000 竪穴住居 黒色土器、緑釉陶器碗・瓶子、灰釉陶器 軒瓦10、石組み雨落ち溝SD01(17×9)、基壇建物SB01、SD02(1.6×1.2)、SK01瓦溜、軒瓦10 金剛心院関係か
46 135.752199 34.951908 46 200 緑釉陶器 SE4601、SK4601(11世紀、瓦器碗と黒色土器の一括)、SB2104(1×2間) SB2103(1×2間)、SD4601(0.3×0.2、瓦器、中国磁器)、SK4603、SK4604、SK4602、東西石列(7m)
47 135.754086 34.953685 47 20 井戸、建物、柵
48 135.751629 34.950281 48
49 135.753051 34.95063 49 200 溝(4×1.5、瓦器碗、山茶碗、中国褐釉四耳壺、独楽)、井戸
50 135.753203 34.953755 50 30 江戸時代の遍照院
51 135.753099 34.954623 51 30 3 SD3(瓦器) SD1・2(1×0.6) 油小路の側溝?
52 135.754509 34.954887 52 低湿地
53 135.754349 34.953705 53 低湿地(一括投棄、土師器、瓦器、箸、鳥形・舟形木製品) 掘立柱建物、井戸(石組・桶)、濠(東西軸6×1.5) 濠は35次のSD11と似る
54.1 135.751924 34.951793 54(A) 1000 緑釉陶器、黒色土器 SK1(瓦)、SK3(土器)、SK4・5、SE1、SD1・2、SX1礎石建物(1×2間)、 SD8〜10は鎌倉時代から室町時代。SD10とSD7に囲まれた中に建物、緩やかにくぼむ溝、南北100m、東西50m、木製品の仏像や人形も
54.2 135.751947 34.95375 54(BN) 300 130 SK10・11(瓦溜)、SD11・12・13 SD9・10 SD7(墨書鳥羽二丈)・10。南北朝〜室町の南北100m、東西50mの館、井戸20
54.3 135.751947 34.953436 54(BS) 200 130 SD14・15 SD8・9 SD7・10
55 135.751589 34.952634 55 60 5 庭園(池と陸、石敷き、景石)瓦
56 135.751263 34.952641 56 70 5 庭園(池と陸、石敷き、景石)
57 135.751401 34.952653 57 75 墓5(籠、漆器碗、数珠、銭、一石五輪塔(慶長)) 東西溝(SD1、SD2)
58 135.753694 34.952223 58 100 東西溝状遺構SX2(2.3×0.3、12世紀土師器皿、12世紀瓦器碗、山茶碗少量)、東海軒瓦
59 135.754938 34.951673 59 300 平安時代前期の土師器、三彩小壺 南北SD5(6×1.5)12世紀瓦器碗 SD5(6×1.5、瓦器碗、青磁皿) SD5(6×1.5、将棋駒) 軒瓦8
60 135.753528 34.953755 60 200 石敷き 大善院建物跡
61.1 135.75294 34.954788 61 7 低湿地(北に下がる平安から鎌倉の傾斜)
61.2 135.752646 34.954449
62 135.747193 34.953086 62
63 135.751271 34.953168 63 30 南北溝SD1(1.9×0.75、天目碗)、SD2はより古い
64 135.751414 34.954045 64 175 18 弥生土器・石器、須恵器提瓶 溝(0.6×0.15)瓦器碗、瓦器釜・鍋、瓦器足釜、滑石製鍋。龍泉窯青磁、中世以降の井戸・溝・土坑、窯壁、鍛冶遺構?
65 135.746654 34.952193 65 300 SB1(南北建物、石組み雨落ち溝)、SD2(1.2×0.3、石垣)、SB2(礎石建物、2×3間南北)、凝灰岩)、SX1(南北石垣)、SD3(1.5×1.1、軒瓦16)、地業、軒瓦8 勝光明院経蔵東面推定
66 135.753375 34.954843 66 須恵器、土師器 鳥羽期の遺構は見られず
67 135.750306 34.95367 67 100 9 田中殿関係池汀礫敷き、土器溜(土師器皿、12世紀後半瓦器碗、白磁四耳壺、滑石製温石)
68 135.746801 34.950131 68
69 135.753124 34.953201 69 60 2 建物、土師器、瓦器、陶磁器 土師器、瓦器、陶磁器
70 135.75098 34.953751 70 218 17 弥生土器 SD5(2×0.4)、SD6(1×0.1)、SD7(1×0.2)、土師器皿、瓦器碗・鍋・釜 SD4(3×0.2、土師器、瓦器鍋・釜・小壺、青磁、白磁、漆器) 建物、凝灰岩、SD2(0.3×0.3雨落溝?)、SD3、SX3、SX2(暗渠)
71 135.752174 34.954538 71 1617 60 弥生土器・石器大量 池状下層(緑釉陶器) 東西溝(推定東殿の北限か)、池状遺構、南北溝、土師器、須恵器、瓦器、瓦 多数の井戸と柱穴(土人形、漆器) 井戸、墓(木櫃)、東西大溝
72 135.74848 34.953606 72 520 須恵器、竪穴住居、埴輪、滑石製紡錘車 水田 SF10東西道路(10m)、側溝(6×1.2)、土師器皿、12世紀末瓦器碗、東播甕、白磁碗、褐釉四耳壺、木簡「百済寺別当御房御所権寺主廣厳」、軒瓦9、土製円盤 木製品(下駄・人形・櫛・玉)、 72次は八条桜井里、SF10はその南北の中間
73 135.750722 34.953905 73
74.1 135.747328 34.952353 74 390 50 弥生土器・石器、古墳時代竪穴住居、須恵器 SF5(路面、4.5m、72次SF10につながる?)、SD3・4(側溝0.8×0.6)、小溝(耕作地?) SD1(0.6×0.3、南北軸、39次の溝と対)、SK2多量の瓦、 SF5は鳥羽時代と軸が違うので自然地形によったか。(瓦89点)
74.2 135.747597 34.952353 74U 2800 北東−南西の自然堤防、76以東は湿地、布留、6世紀建物 建物、緑釉陶器 SB2(短冊形掘込地業基壇、6×30以上、7×3間以上)、SB3(2×5間、総柱礎石建物)、SB4(瓦葺き、1.5×7.7)、SB5(2×3間礎石)、SB6(基壇建物5.4×13.3)、SB7(基壇建物14.8×12.2)、SB8(礎石・石敷き)、SG9(20×40)、景石)、SX12(井戸)、SD13(1.7×0.7)、土製円盤(土塔) SB1(39×18、基壇建物、檜皮葺?13世紀)、白磁碗 SG9の廃絶は15世紀? 74U・75・76・79総合データ
75 135.748112 34.952337 75 (瓦233点)74U・75・76・79総合データ
76 135.748339 34.952956 76 74U・75・76・79総合データ(瓦2点)
77 135.752106 34.95404 77 650 河川(緑釉陶器) 東西溝SD1(5×0.6)、SD2(0.8×0.15)、土師器、須恵器、瓦器、中国磁器、楽人を描いた板絵、木簡、塔婆、将棋駒、人形、木球、扇、櫛、漆器碗、下駄、箸 井戸、柱穴、土坑、土師器、瓦器、陶器、中国磁器 溝、井戸、土坑、ピット、土師器、瓦器、陶器、中国磁器
78 135.746452 34.951499 78 低湿地、遺物僅少
79 135.748719 34.952432 79 1600 土製円盤、74U・75・76・79総合データ(瓦788点)
80 135.747297 34.952063 80 650 須恵器、竪穴住居6、紡錘車 土師器、施釉陶器、黒色土器 築地地鎮49(灰釉陶器壺)、土坑50(土師器皿)、南北築地跡(1.8×23)、側溝(SD101・104)、SB318(1×4間)、(瓦63点) 土坑51(13世紀瓦器碗)
81 135.744901 34.951808 81 溝(古墳時代・奈良時代) 池、景石、銅製飾金具
82 135.744999 34.951454 82 土師器、須恵器 池(土師器、瓦器、瓦)
83 135.746666 34.94753 83 200 30 6・7世紀竪穴住居、8世紀建物 9世紀溝
84 135.752284 34.954384 84 弥生土器・石器、須恵器 緑釉陶器 鳥羽期の遺構は無し 多数のピット 多数のピットと井戸
85 135.748541 34.953426 85 160 37 竪穴住居、製塩土器、石製模造品、弥生土器 緑釉陶器 溝(北大路南側溝か?)と小ピット 水田?
86 135.753038 34.951019 86 SG1(石敷き洲浜、景石、12世紀後半瓦器碗、土師器皿)、SD2(1.5×0.4)、SX3(池陸部)東海系瓦 鳥羽陵南の園地
87 135.749656 34.952877 87 100 3 SX6土器溜まり(土師器、須恵器) 調査区の東は自然流路で鴨川支流か?
88 135.752211 34.953041 88
89 135.748633 34.952877 89 (瓦2点)
90 135.748927 34.953016 90 (瓦3点)
91 135.75155 34.952227 91 180 34 SD42(0.5×0.25、凝灰岩、軒瓦16、土師器皿・高坏、黒色土器碗、灰釉陶器碗・壺) SD10堀状遺構(12世紀土師器皿)、SK29・32(凝灰岩)、SK33(土器、瓦、凝灰岩)、軒瓦9(播磨系) SD10(瓦器碗・壺・鍋・釜、須恵器碗・甕、常滑甕)、SK48(礫溜まり、瓦器碗・皿、土師器皿、須恵器甕) SE31平安後期瓦転用積井戸、SD10堀状遺構、SD16(土師器皿、瓦器碗・釜・鍋・甕、須恵器甕、瀬戸美濃灰釉碗・皿・壺、備前、信楽甕、青磁、白磁、染め付け)、SD24(土師器、青磁、染付) 白河天皇陵を囲む堀、土塔、宝塔相輪、SE31の瓦は東殿関係か
92 135.748713 34.951878 92 300 SX1(瓦溜)、SB2(掘り込み地業基壇建物、30×24、桁5梁4四面庇)、SB15(1×1間礎石建物2.4×3.6)、SG9(南北28m、景石、天蓋の瓔珞)、SK4〜7(一部根石)、SX8(瓦溜)、SK10〜12(景石跡)、SX13(大型落ち込み)、SD14(0.7×0.25)、軒瓦49はすべて平安時代後期、土塔。(瓦40点) SG9(瓦器碗13世紀) SG9(土師器、瓦器碗、釜鍋、瀬戸美濃灰釉・天目碗、備前、信楽甕、青磁)
93 135.74889 34.953406 93 80 1 古墳時代の包含層 生活面
94 135.75248 34.954115 94
95 135.744374 34.951559 95 中島の地鎮遺構から11世紀末土師器
96 135.750851 34.952233 96 200 32 円筒埴輪 SD10(7×1.7、軒瓦23(尾張・讃岐・播磨系)、土師器皿、瓦器碗完形多い12世紀、土師器壺) SD10(土師器皿、瓦器碗、漆器碗、折敷) SX4(土師器)、SD10(瀬戸美濃、青磁、白磁、信楽、備前、瓦器) 柿経、木製仏像
97 135.749301 34.951888 97 古墳時代前期竪穴住居 SD1(掘込基壇建物、30×24)、SB4(礎石建物5×5間)、SG9(、SG8(滝と船着場)、SD15、瓦が大半で土師器甕、須恵器甕、瓦器碗、白磁碗、土製円盤、池14(12世紀土師器皿、土師器壺、12世紀瓦器碗)、土坑43(土師器皿、瓦器碗)、土坑44(瓦器碗)。金剛心院釈迦堂推定、(瓦890点)
98 135.748645 34.953151 98 古墳時代土坑、溝 溝(0.7×0.2) 金剛心院と北大路の間は空閑地
99 135.747702 34.951903 99 900 7世紀竪穴住居 土師器・須恵器・緑釉・灰釉・黒色土器 SA14(南北築地、2×0.4×22.5)、(瓦15点)
100 135.748296 34.951379 100 300 7 古墳時代土器 土器 SB1(掘込地業基壇建物、14×10以上)SB2(掘込地業基壇建物、1間四面庇)、SA3(土壇、21×14以上)。軒瓦5、推定金剛心院南限、築地、小御堂、(瓦1点) SD5(2.4×0.6、瓦多い、瓔珞、白磁碗、滑石温石) SD4(北東から南西軸、1.8×0.9、土師器)、SK6
101 135.748026 34.951364 101 300 (瓦5点)
102 135.749099 34.952427 102 1000 弥生後期〜布留土器、竪穴住居、方墳、縄文土器 木棺墓、溝 SG8(北岸から東岸、半島と景石)、東西溝、(瓦71点)
103 135.74734 34.952572 103 400 27 古墳時代後期竪穴住居、7世紀建物 岸部瓦窯瓦、耕作溝? 軒瓦11(讃岐・播磨・岸部)、(瓦12点)
104 135.749993 34.954683 104 200 5 縄文・弥生土器 SB1(基壇、25×11以上、)、SD2(東西溝、逆台形、5.2×1.4)、SX3(不定形土坑群) 土師器、瓦器、山茶碗細片 田中殿北限関係土壇とその下から東西溝(境界か路?)
105 1 古墳時代包含層 溝、土師器、須恵器、灰釉、黒色土器 土坑、ピット、土師器、瓦器碗、中国白磁
106 135.749276 34.952832 106 400 弥生時代土坑、溝、後期古墳、埴輪 遺構群 遺構群
107 135.748602 34.951389 107 200 池、軒瓦6(播磨・讃岐)(瓦2点)
108 135.743682 34.951529 108 300
109 135.748241 34.951644 109 650 200 SB1(掘込地業東西礎石建物3×2間)、SB2(掘込地業建物9×2間)、SB17、SX18(東西橋跡1×2間)、SG10(石敷き州浜)、土製円盤、12世紀土師器皿。(瓦367点)、金剛心院関係瓦まとめ(播磨65:京都12:讃岐5:南都1%)、木製仏像、光背、鴛鴦文金具、唐草文金具、殊文金具、ガラス玉、瓔珞、SB2は九体阿弥陀堂か 池16(土師器皿、13世紀瓦器碗、瓦器鍋) 井戸30(土師器皿、瀬戸花瓶)
110 135.752481 34.951254 110 500 12世紀中頃瓦器碗。幅8〜11mで並行する石積み地業、下層は湿地
111 135.74992 34.9506 111 古墳時代土器 灰釉陶器 低湿地に盛り土し、池を造成、軒瓦は6(播磨)、
112 135.753755 34.952028 112 400 SG1、SD2、SD3(3×0.5×39、土師器、11世紀瓦器碗、灰釉陶器、杭)、SX4(12世紀瓦器碗)、SX5、軒瓦35(山城・大和・東海)。12世紀合子、下駄、木製五輪塔、SX4は出島と同様に池内に張り出して折れ曲がる突堤状、44次と同様
113 135.749424 34.9508 113 1000 14 古墳時代土器 黒色土器、緑釉 SD1(南北溝2.2×1.7、軸が鳥羽離宮建物と異なる)、SD2(東西溝2.1×0.5)、SG3(池)、SK4、SG5、SD6(0.9×0.1)。遺物はほとんど瓦(播磨・山城)
114 135.745741 34.951723 114 池(土器、陶磁器僅少)
115 135.743706 34.951099 115 300 庭園(景石と汀)軒瓦6(播磨・山城)
116 135.743094 34.951499 116 200 落ち込み(遺物僅少) 落ち込み
117 135.753638 34.951748 117 池に張りだした出島、州浜、景石、軒瓦2のみ(播磨・尾張)、土器 白磁、山茶碗
118 135.743424 34.951509 118 500 16 古墳時代後期土器 緑釉・灰釉陶器 庭園、景石、基壇(7×11
119 135.749669 34.954773 119 170 縄文時代土坑 SD1東西溝(5×1.4、杭護岸、田中殿北限か、11世紀土師器皿、12世紀瓦器碗、中国磁器、斎串、箸)、軒瓦3(山城・播磨・尾張) 整地層
120 135.752449 34.952402 120 攪乱
121 135.751219 34.952233 121 埴輪、土器 SD3(東西軸、6×1.5、礫護岸、土師器皿、11世紀瓦器碗、金属瓔珞)。軒瓦61(SD3とSE9、山城・播磨・尾張) SD3(東西軸、6×1.5、礫護岸、土師器皿、13世紀瓦器碗、和琴) SD3(東西軸、6×1.5、礫護岸)、SE9(信楽甕、独楽)
122 135.751139 34.951738 122 230 36 溝3(11世紀土師器皿、土塔、軒瓦9(播磨・山城)) 溝3(13世紀瓦器碗、瓦器釜・鍋、青磁、擂鉢 白河天皇陵の堀の石垣
123 135.751109 34.953316 123 400 22 軒瓦10(山城・播磨) 溝、ピット
124 135.754441 34.954559 124 110 溝28(南北軸7×0.6、柿経、呪符塔婆、12世紀土師器皿、12世紀瓦器碗、12世紀東播擂鉢、人面墨書土器)、溝31東西軸。軒瓦32(山城・讃岐・播磨・尾張・河内) 白磁碗、青磁皿、黄釉盤 井戸10(平安後期瓦)
125 135.751476 34.951339 125 120 2 古墳時代後期土器 土師器皿、瓦
126 135.753338 34.952257 126 400 1 古墳時代須恵器 溝(2×0.1)、土師器皿、瓦器碗、礫敷き
127 135.754178 34.950356 127 300 溝244(1.5×0.5、12世紀土師器皿、12世紀瓦器碗、12世紀山茶碗)、軒瓦6(播磨・尾張・河内) ピット460(建物7、柵1)、溝190(2.5×0.6、土師器皿、13世紀瓦器碗、足釜、磁州窯壺
128.1 135.744252 34.952153 128(1) 15 土師器、黒色土器、緑釉 石組み瓦敷き溝1(0.5×0.2土師器)、軒瓦20(尾張・讃岐)
128.2 135.744252 34.951723 128(2) 50 園地島(20×15
129 135.751372 34.951778 129 溝1(2.2×0.4)、軒瓦3 東西溝3(土師器皿) 近衛陵堀
130 135.752915 34.954499 130 126 45 SD1(幅2、深さ0.6、長さ8。11世紀土師器皿・瀬戸内系ロクロ土師器皿・中国磁?窯黄釉鉄絵皿)。SK4(落ち込み7。12世紀瓦器碗、玉縁白磁碗)、軒瓦11(山城・播磨・讃岐系) SK5(東海系瓦・コースター皿・13世紀瓦器碗)。SK3(2×1.2、完形土師器皿、龍泉窯青磁皿)。SD6a(1×0.3×10、土師器皿、青磁蓮弁碗、白磁口禿皿、褐釉壺、漆器碗)。SK8(4×2.5、白磁口禿皿、貼り床、板壁貯蔵庫)。SD6b(1×0.6、V字溝、堀、土師器皿、青磁碗、青白磁合子、瓦器小壺、瀬戸花瓶、漆器碗、曲げ物、草履)、SD7(堀) コンテナ45箱(内木製品10箱)、瓦より土器が多い、13世紀中国磁器多い。SD6は油小路西ライン。中世前期館跡、ピット100、溝7、蔵1、
131 135.743418 34.951104 131 100 SX1(庭園の造成中島、土師器皿)、SX2(基壇?)、SG3(池)、景石、石敷き 115次調査に続く園地と屋敷基壇、造成法から低湿地と推定
132
133 135.755287 34.952083 133 200 7 SD1(北東から南西軸、2×0.3×10)、池(礫敷き)、軒瓦3(東海・山城) SD2(0.6×0.2、土師器皿)、(金蒔絵、下駄、褐釉陶器壺
134 135.75335 34.952053 134 750 41 洲浜(礫敷き、根株)、軒瓦131(播磨・山城・東海・讃岐)、11世紀土師器皿・土師器高坏・土師器疑似高台・土師器火舎、建築部材大量(屋根材・垂木)、この池の西側に2棟の建物が建っていたと推定 池状遺構 池状遺構 東の112・117次が洲浜と園地、下駄、木製五輪塔、人物像、経石、短刀。仏教色強い、鳥羽陵南の園地
135 135.753326 34.952043 135(2) 120 竪穴住居、5世紀須恵器 溝2、土坑3、白磁碗、軒瓦(尾張) 溝1(6.3×1.3、土師器皿、13世紀瓦器碗、人骨、建仁3年(1203)木簡、木沓、漆碗)
136 135.752486 34.95394 136 100 軒瓦23(包含層) 井戸10(瓦器碗)、土坑97(土師器皿、瓦器碗、陶器) 溝6、土坑101(天目碗)、土坑53、土坑5(唐津)、溝11(天目碗、杓子、漆器碗)
137 135.751685 34.952532 137 180 6世紀須恵器 柱穴13(完形土師器皿)、12世紀瓦器碗 井戸11(転用瓦積)、井戸10(播磨系平安瓦転用積、土師器)
135.749485 34.954298 138 60 4 地業跡(田中殿に共通の歪み瓦)
139 135.753381 34.951009 139 16 池(木地金箔仏像片)、12世紀土師器皿 東殿地区
140 135.750864 34.951828 140 100 12 緑釉陶器 SD1(6×1.5、石垣、12世紀土師器皿)、軒瓦6、有段瓦 SD2(天文8年(1538)の一石五輪塔)、信楽多量 白河陵の堀、遺物の大半は瓦
141 135.752456 34.952103 141 110 耕作地、緑釉陶器、黒色時碗 整地層、ピット1〜5・14、溝1(0.8×0.5)・3、土坑4・6・12・16・18、土師器皿、11世紀・12世紀瓦器碗、山茶碗、白磁碗・皿・水柱・壺、白色土器、軒瓦29(山城13:尾張2:河内1:讃岐1) 土坑9、溝6、土師器皿、瓦器碗・釜・盤、東播擂鉢、白磁口禿皿 土坑3、溝3、溝1の採集埋没は室町時代、土師器皿、瓦器鍋・釜、瀬戸灰釉鉢、青磁碗 瓦器碗の多さ(25%程度)を破片数で定量整理、鎌倉時代の遺物量は激減
142 135.753553 34.953218 142 70 東西溝31(1×0.4、土師器皿、瓦器、白磁、尾張系灰釉瓦、京都瓦3) 鳥羽陵上にあった本御塔を移築して建てた薬師堂礎石の調査(近世建物1辺10m)、灰釉の尾張系瓦が特徴、軒瓦13
143.15 135.744184 34.951599 143(1・5) 150 中島の中から古墳時代の包含層 池(全面石敷き、洲浜、水位は12m)、中島(白河期の11世紀末) 湿地 遺物は少ない
143.234 135.743553 34.951534 143(2・3・4) 500 基壇(石積、凝灰岩化粧、2重基壇、鳥羽期の12世紀前半)、池(全面石敷き、洲浜、水位は12m)。遺物は少ない(瓦は11世紀後半の瓦頭類で丸・平は無い。基壇の遺物は12世紀前半より新は無い→勝光明院の関係)基壇規模は21×20以上で特殊な2重基壇(かさ上げか) 湿地 耕作地
143.6 135.743375 34.951379 143(6) 200 10世紀中頃の土師器皿と黒色土器の完形 基壇 湿地 耕作地 遺物は少ない
144 135.752578 34.95404 144 121 古式土師器 土師器杯、緑釉陰花文花碗、灰釉 溝6(12世紀土師器皿24、12世紀瓦器碗、中国青磁碗、瓦器鍋、常滑甕、瓦器足鍋)、溝状遺構1(土師器皿、瓦器碗、青磁劃花文碗、白磁碗、白磁壺、瓦)、瓦30(播磨5・京都6・讃岐) 溝4(土師器皿4、常滑壺、瓦器鍋・釜、東播鉢、瀬戸灰釉碗、青磁碗)、溝状遺構1(瓦器碗・釜、東播鉢、常滑甕、滑石鍋、褐釉盤、白磁口禿皿) 溝状遺構1(備前擂鉢・甕、信楽擂鉢)、井戸5(瓦器鍋・釜、瀬戸天目碗、常滑甕、瓦器火鉢、白磁碗、青磁碗) 銭貨
145.1 135.752125 34.955771 145(19)(19) 150 4 鳥羽離宮時代無し、平安時代は湿地 SD1(瓦器碗)、瓦器足釜 SD1(0.25×0.2、土師器皿)柿経、瓦器釜、瀬戸灰釉皿、青磁碗、SD2
145.2 135.752119 34.955207 145(20) 130 4 弥生時代土器・石器 鳥羽離宮時代無し、平安時代は湿地 瓦器碗 SD2・3(0.3×0.1)、土師器皿、剣頭文瓦、瀬戸灰釉皿
146.3 135.752046 34.951159 146(30) 140 30 鳥羽離宮造営時は湿地 SX1(石敷き瓦組地業(塔基礎か)、摂津甕、11世紀瓦器碗)、巴文・単弁蓮華(和泉系)瓦13、凸面段付き特殊瓦(成菩提院か) SD2(1.5×0.3、土師器、瓦、馬骨)、SK3(瓦溜、東海4:京都1)、短期間塔基礎? 13世紀中頃以降は鴨川氾濫原?
146.31 135.752034 34.950705 146(31) 126 30 円筒埴輪、須恵器甕 塔基礎(久安3年(1147)の9間4面の檜皮葺堂か) SD1(南北軸、土師器、瓦)、石敷き面(地業)
146.32 135.751973 34.950101 146(32) 196 30 SG2(池、馬骨密集、瓦;播磨・京都・南都、杭)、路面?、SD3B(南北軸)、瓦器碗、下駄、瓦10(播磨系鬼瓦) SG2(池名残)、SD3(灰釉)、青磁碗 鳥羽時代は、池と鴨川の氾濫原?、13世紀代に池の機能は失う。多量の馬骨、巨椋池の平均水面は12m、池の汀線は13m、洪水を受けやすい
146.33 135.751942 34.949607 146(33) 210 1 6世紀土器 鳥羽時代は鴨川? 近世の水田に伴う溝
146.34 135.751942 34.949302 146(34) 195 1 鳥羽時代は鴨川?中国12世紀陶器 近世の水田に伴う溝
146.35 135.751917 34.949003 146(35) 70 1 6世紀土師器 鳥羽時代は鴨川? 近世の水田に伴う溝
147 135.74794 34.952822 147 400 13 南北溝201〜205(0.4×0.3)、土坑207・208(根)、湿地状遺構 溝101(金剛心院の北限2.2×0.8、土師器皿12世紀中頃土師器、軒瓦23(播磨・讃岐)、冨寿神宝)瓦器、白磁 小溝群(26条、0.3×0.1の耕作溝)土師器、須恵器、瓦器、陶器 平安時代は湿地と小溝群、瓦の出土はさほど多くないため築地は不明。平安の小溝は耕作溝か。『兵範記』仁平3年10月18日に田中新御所南、大路南、往古田中也、去春点定其所、四月被始木造
148 135.754135 34.952507 148 130 13 池跡と思われる湿地状(軒瓦14) 南北流路SX56とその造成土(土師器、瓦器、白磁、染め付け、瀬戸美濃、唐津、備前、信楽) 鳥羽離宮時代の池がその後中世を通じて埋まる。16世紀の土器と陶磁器が多い
149 135.752113 34.955027 149 150 4 包含層および後世の盛り土(土師器、播磨瓦1) SD8(0.5×0.25)、SX7、SX9、瓦器碗 SD2〜5(0.3×0.2南北軸)、SX6、土師器
150 135.753142 34.951858 150 92 池SG1(11世紀末土師器皿・12世紀土師器皿、12世紀瓦器碗、白磁、山茶碗)、軒瓦類20点(播磨4:山城11) 池の土器片は1571点、池底部の瓦器碗の比率は14%、木製品(木珠、箸、卒塔婆)、泉殿関係の池か 流路、湿地
データの転載利用については、必ず引用の明示をお願いいたします